英文法は量稽古~ひたすら問題を解いて習熟する~

これは参考書を利用して、英文法の知識を一通り勉強した人にオススメのやりかたなのですが、基礎知識をある程度覚えたら、あとはひたすら練習問題を解く量稽古をしてみてください。英文法

 

そして分からなかったところ、間違ったところをキチンと覚えるようにする。これを1日1時間ぐらいのペースで続けていけば、数ヶ月で必要な文法知識はマスター出来ると思います。

 

ちなみに、ここでいう『必要』というのはTOEICで文法問題は8割方解けるといったレベルです。

 

 

 

TOEICの問題を解ければ、英文法はOK!

これは私が体感していることなのですが、TOEICに出てくる文法問題が理解出来るようになったら、英文法をマスターしたと思って間違いありません。そのため、文法に関してはTOEIC対策の一貫として取り組むのが効率的です。

 

目安として分かりやすいですし、TOEIC対策の教材・書籍は山ほどあるので、学習素材に困ることもありません。

 

有り難いことにTOEIC対策本、教材はレベル別に分かれています。『400点を目指すための』、『600点を目指すための』といった感じです。自分に合ったレベルの学習教材を選択すれば、無理なくステップアップしていくことが出来ます。

 

英文法って、なんだかんだいって最終的には丸暗記になります。理屈で理解するより、ここはこうなるものと覚えてしまったほうが簡単です。

 

問題を何度も解いていると、覚えようとしなくても自然に頭に残るので、そこで量稽古ということになります。

 

音読は英文法にも役立つ

文法そのものの勉強と並行してオススメなのが、英文を読む力=リーディングスキルを伸ばそうと努力することです。多くの英文に接していると、英語の文章の構造に慣れてくるので、文法も理解しやすくなります。

 

こんな理屈を聞いてもよく分からないかもしれませんが、とりあえず英語を読むことも重要とだけ覚えておいてください。

 

私自身、こういったことを書いていて正直理解していません。ただ、何となく感覚で効果を実感しているだけです。

 

あとは、私の場合、勉強するといっても、ひたすら問題を解いてというのは1日1時間ぐらいが限度で、それ以上は飽きて無理でした。でも学生時代は勉強する時間があったので、ここで止めてはもったいないということで、英文を読むといった他の勉強もしていました。

 

もちろんリスニングの勉強などもしていたのですが、万遍なく色々な勉強をすることで、結果的に相乗効果が出てました。

 

要はどんなやりかたでも英語と接していれば、それは文法の勉強にも役立つということですね。英文法が苦手という人は、あえて最初のうちは勉強時間を少なめにして、リスニングやリーディングなど、ほかのことを勉強して英語に慣れるというのも手です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:英文法の学び方

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ